FC2ブログ

再びの絶望

妄想ではありません。

さて、3カ月に渡るセックスレスから脱却した私たち夫婦でしたが、週末に日本酒を飲み、やや妻が多く飲んだせいで、フラフラと自室へ。

飲んだ日本酒は4合瓶で二人で均等に飲めば酒量としては、普通。
自室ちというのは、次男の部屋で、今は妻が寝ています。
寝室とは、夫婦の寝室でもう半年は私が一人で寝ています。
妻に言わせると「いびきがうるさい」そうです。

妻を襲いに次男の部屋へ
その気になった妻を寝室に連れ込み、キスとおっぱいを舐め、パジャマの下とパンツを下ろし、妻が好きな背骨〜尾てい骨を丹念に舐めていると、どこかのタイミングで妻はその気をなくしたようです。

すると身体の反応にも表れ、私の中折れに

あぁ、ダメだ。再びの自信喪失

必殺バイアグラも、今日の飲酒量だと危ないかも。

そして、妻の告白が始まりました。

男なんて、女が気持ちいいフリしてれば満足なんじゃない。

は?

先日、私は妻をイカせて、その後は上機嫌でした。(なるべく上機嫌でいようと)
それについて、言ってるのかも知れません。

そこから、私への不満、罵詈雑言、実家での言動などまで。

結局は、子どもたちが独立した時点で離婚したいという事でした。

お先真っ暗、人生行き詰まり、です。

妻が言う事にも一理はありますが、全てじゃないし、自分の側にも不満はありますよ。
でもそれは、ぐっと飲み込んで。

とにかく、愛想が尽きた。セックスも全部じゃないけど気持ちいいフリをしていた。

だそうです。

そんな、絶望の日曜日でした。

正直、首くくりたい気分です。

orz

皆様、ご覧頂きありがとうございました。

子どももいますので、そうそう簡単にはぶら下がりませんが、かなりの絶望状態ですので、ブログの方はしばらく更新できないのかも知れません。

生存確認はtwitter の方でお願いします。
なるべく、1日1回は呟きますので。

ちょっと言葉足らずではございますが、それが今週の出来事でした。


スポンサーサイト
[PR]

彼女の性癖

出張に向かう電車の中がどことなく臭いのです。なぜかはわかりませんが、こんな妄想をしました。


あぁ、またやっちゃった。
あたしって、変態なのかな?

おしっこをするのが好きなの。
しかも、おトイレ以外の場所でするのが堪らなく快感。

最初は小さい頃に外でしたおしっこ
公園のトイレが暗くて、怖くて、その裏の茂みに陰で、おしっこをしちゃった。

スーッと風があそこに当たって、なんとも言えない気持ちになったの。

それからは、できそうな場所を見つけるようになっちゃった。
小学生くらいまでなら、大目に見てくれるかもしれないけど、中学に入ったら、そんな事は出来ない。

あたしは見られない場所を探しては、おしっこをするようになった。
学校の体育館裏とか、部室の裏とか。

海の時は、最高だった。
友だちとパチャパチャ遊びながら、しちゃうの。
じわーっとあそこの周りが暖かくなるのね。

排尿のスッキリと背徳感とで。
もうやみつきになったの。

他人と一緒にいるけど、わからないようにしちゃうのが、もう堪らない。

他にも、デパートのトイレならワザと全裸になったり。
お風呂の中はもう定番よね。
家族の最後に入って、しちゃう。

恍惚しても、お風呂上がりだからわからないし。
だんだん、オナニーも一緒にするようになると、もう変態よね。

オナニーしてイクと同時に出しちゃうの。
だから、いつもお風呂でしてた。

外でも、誰もいない公園とかで、オナニーしながらおしっこって最高だった。

でも、最近はスマホでエッチな会話をしながらオナニーするようになると、かなりやばい。

だって、あたしイったらおしっこが出ちゃうんだもん。

彼氏ができてエッチするようになって、最初は我慢してたけど。
彼氏が指でしてくれるようになると、我慢できなかった。

それでも彼氏は潮噴きって言って喜んでくれた。

エッチでイクようになってからは、さすがに彼氏も気がついたみたい。

だから、いつもするのはラブホでバスタオルを近くに置いて、あたしがイッた後、漏らすのをバスタオルで受け止めてくれた。

でも、この前、彼のクルマでデートした帰り、彼のモノを握っていたら、したくなっちゃって、駐車場の隅でしたの。
見られそうで、興奮したし、彼はずっと勃っていたから、すぐに繋がって、イッチャった。

そしたら、ジョジョジョっていつものように出ちゃった。
流石に彼は怒ったけど。

「他の女を乗せないならいいでしょ?」
て言ったら、納得した。

あたしって犬みたいに自分の匂いを着けたくなるのかな。

今度、彼にそう言ってみよっと。



このお話は、妄想です。
トイレ以外の場所でおしっこしてはいけません(笑)

ついに脱出したかも

さて100日ぶりのセックスにこぎつけたのですが、内容はかなり落ち込むものでした。

中折れ気味ではあったものの、あそこまでの事態ではなかったのでしたが。

そして翌日、妻に昼からメールを送りました。「今晩は好きなだけ電マでイカせてあげるよ」と。

会議と飲み会の後、帰宅して普通に過ごしていると長男が「これから先輩の家にいく」と内心しめしめと思いながら、も平静を装います。

さて、寝る段になって、妻の部屋(次男の部屋に寝てる)に行き、妻を抱きしめながら、「あっちの部屋にいこう」と。

よしよし、キスとハグを繰り返し、その気になったようです。

そこで、秘密兵器の登場です!

テケテテってテー!
ドクターGリングーぅ!

某ドラッグストアで見かけて密かに購入しておいたこの一品、肉棒にイボイボサックを装着するものです。
多少キツく出来ていますので、勃起力が継続されるはず。

それを二段になっているものを待機させます。
そして、下着の上から電マでゆっくりサービス開始です。

遠くから、近くへ、何度も行きつ戻りつ、を繰り返します。

おぉ、その気になってきたぞ。ここらで、勃起中の肉棒を確かめ、妻の下着を脱がせます。
濡れ濡れのおまんこに指を一本、もう一本と・・・。
「あぁぁ〜ん」
悪くない反応に、調子付き、さっきのイボサックを装着すると、ゆっくり愛する妻のおまんこへあてがいます。

ム、無理か?

いや、は、入ったぞ!

「あぁ〜ん!」

長男もいないので、遠慮なく声を出せます。

イボイボが馴染んでくると、妻はクリトリスに当てていた電マを外すでは、あ〜りませんか?
お?ええか?ええか?ええのんか?

妻の一際大きい「あぁ〜ん」が聞けました。

こうなれば、もう頑張るしかないのです。
妻のナイティを脱がせ、正常位から騎乗位、自ら妻が腰を回すようにすると、快感に歪む妻の顔、とても美人ではありませんが私だけに見せる嫌らしい顔です。

騎乗位で1回、正常位でもう一回、絶頂を迎えた妻、久しぶりの気持ち良いセックスに私も満足しました。
最後は膣外射精でしたが、満足のセックスでした。

二夜連続のセックスはセックスレス解消と言ってもいいのでは無いでしょうか?

ただ、肉棒を抜いた後、Wでつけていたイボサックの片方が膣内に残ってしまい、取り出すのに少し時間がかかってしまいました。
病院に行かなくてはならないかと思って、妻は最初怒り、その後に泣き出す始末。

私は冷静に対応して妻の身体から取り出すことに成功しました。

ただ、あんまり妻の機嫌は直りませんでしたけど。

しかし、イボサックは快感だったようです。

コレで妻は、クリ派では無く、中派ということが証明されました。
次も肉棒を求められるように頑張る所存でございます。

昨晩よりは、満足も納得もできた夜でした。



充足か絶望か

皆様、お久しぶりでございました。

なかなか、正常な夫婦生活が営めずに、ついつい現実からも、妄想からも逃避をしておりました。

10月は、私が主宰する団体の発表会がある月です。
妻も今や長男も所属して、活動をしているところです。
妻と知り合ったのも、これがきっかけで他人からは「共通の趣味があっていいですね」と言われております。

その発表会に私は全力で取り組みました。代表なのですが、まぁ雑務も多いのです。

結果、なんとか終了して、まぁまぁ、ぼちぼち、そこそこといった感じでしょうか?

そもそもぶんかけいですから、結果というよりも個々人の満足度なんですよ。

今年はいつもより、仕事も多く、大変な年でした。

終了前から「上手くいったら、ご褒美に(セックスを)お願いね」と言ってはおきました。
半分以上期待はしてませんでしたが。

翌日、私はまだ一つ残る片づけして、遅く起きてきた妻、手伝ってくれた長男と日帰り温泉へ。

家族風呂があり、オッと思いましたが、今日は手伝ってくれた長男も一緒だったので断念しました。
だって大学生にもなって、母親と一緒にお風呂に入るのもなんでしょう?

なので、普通に温泉を楽しみ、帰宅。
帰り、眠くなってきた私に代わって長男が運転してくれ、なんだか嬉しいです。

妻は「眠い人が運転する隣りに乗っているのは嫌だ」と言うのですが、同じ意味でも
「疲れてるんだから、運転代わるよ」と言えばいいのに、と思っていました。

こう言う言い方が多く、損はしてるんですよ。

そして、早めに飲み、寝室へ。
もちろん、何度か「今晩、どう?」とお誘いしていますが、ほぼ無視でした。

今回もアキラめていましたが、夜中に寝室のドアを開ける人が。
ドキっとしました。かつては犬がよくドアを開けたりしていたのです。
しかし、今回は妻でした。
ベッドに手招きをして、誘い入れ、キスを。
抱きしめながら、妻の身体を暖め、キスをして、徐々にその気に、、、。

ナイティをあげ、愛しのおっぱいを舐め、腋の下を舐めたあたりで、もうお互いにスイッチオン!です。
私もパジャマを脱ぎ、妻の身体にキスをしながら、下着を脱がせ・・・。

結合体勢になかなか持っていけません。
え?拒絶?まだ早い?
あそこを舐めたい旨の言葉には
「イヤ、ダメ」ですし、かと言って、挿入する体勢も取れず
「どうすりゃ、いいんだよ」と思った瞬間、

中折れしてしまいました。
徐々に萎えつつも、妻の意図を理解できず。途方にくれるばかりなり。

「あそこを舐めたい」
「肉棒を(せめて)握って」

どちらも「イヤ」なのです。

そして、それで恥を忍んで言った「勃たないんだよ」という言葉を
「じゃぁダメじゃん」と。

ここまでは、何度かあったことがあります。酷く傷つくのですが、時間をおいて、次には、と思いました。

しかし今回は実に久しぶりのセックスです。3ヶ月のセックスレスは離婚の一因になりうるものです。
だからなのか、妻も引き下がりません。

一度は、自室に戻ったものの、もう一度私が寝ている寝室に来て「舐めさせないからできない、って人のせいにしないで」と言うのです。
私としては、妻であれば当然とは言わないものの、ED気味である旦那の肉棒を握ったり、フェラしてもいいんじゃいの?とは思うのですが!?
それに、言葉にしないで身体を動かしての「イヤ」もやめてほしい。
私の愛撫がイヤなのか?もっとこうして欲しい、と言うのがあるのか?

そこいら辺を突っ込むと、直ぐに嫌い」と逃げるし。話しすらしないのです。

あぁ、もうダメだ。
絶望です。

セックスを諦めて、独り寝も許されず、勃起しない肉棒をなじられる。

この時は、もう首でも括ろうかとさえ思いました。

「バイアグラを飲むよ」

そう言って、階下で薬を探すも、見つからず、結構な時間が、、、、あ、寝たか?

イヤ寝てない。

あ〜あ、どうしよう?

こうなりゃ、とスマホを取り出しエロ動画を・・・・、好みのタイプの女が。

なんとなく、固くはなってきたな、若かりし頃の妻とのハメ撮りビデオが一番ですが、深夜なので音も出せない、上につまりはこのビデオは絶対見ない、ので。

もう大丈夫か?

なんとか自分と肉棒を奮い立たせて
妻が待つ寝室に戻り、キスをして、またパンツを脱がせ、妻のおまんこに押し当てて・・・・。
濡れてるのに、舐めさせても、触らせたりさえ、くれないおまんこに、

入れました。

あぁ、暖かい。

気持ちいい。

キスをしながら、ゆっくり動かして。

何度か、上に乗せたり、正常位のまま動かしたりすると、出そうになります。

しかし、妻は絶頂には程遠い状況です。

妻にその事を告げると「もっと気持ち良くして」と。


聞くと妻の希望は電マで10回、最後にチンチンで、と。

それは残念ながら無理です。挿入時に電マ登場で中折れでしょうね。過去の経験則で言うと。

それでも、妻がそれを求めるなら・・・・するしかないか?

生での挿入はじっくり楽しめないこともあり、コンドームを装着して、しかもゴクアツ。

それに電マはなぁ、と思いながら準備して、スイッチオン!

ブブブブーンと振動音が深夜の寝室に響きます。
「あうっ!」
妻のあえぎ声も漏れ始め、明らかに感じ方が違います。

今回はなんとか、挿入しながらでも、勃起を維持し続け、ほどほどのところで、愛しのおまんこに深く挿入、自分も恥骨に振動を感じながら、射精しました。

妻も私の射精を感じたのでしょう、大きく腰を前後させたかと思うと、しばらくは動きを止めました。

イッタのか?
イッタふりか?

少しの間、絶頂を楽しんでいましたが、妻はより本格的に絶頂を求めます。

私はすでに射精した肉棒を抜き、やや小ぶりなディルドにコンドームをつけ、愛しの妻のおまんこに入れます。

妻は電マを握り私がディルドを扱ういつもの光景です。

妻は電マとディルドで絶頂へ、それで終了です。何度もの絶頂は諦めたようです。

妻は仕事が休みですが、私は仕事なので。

もう夜半と言うより、朝が近い時間。

今日の午後からは同業他社との会議

終了後には、飲み会

辛くも、満足した週明けです。

しかし、妻の態度が気にはなりますけどね。
勃起しない男が悪いのかなぁ?


事の次第

皆様にご報告しておきます。

6月下旬以降、セックスレスではありましたが、そんなに気にしていませんでした。

しかし、妻の中では何かが溜まっていたようです。

私も無意識にイライラしており、怒りっぽくもなっていたのでしょう。

長引くセックスレスは心のどこかでイライラするものです。

とある、土曜日に会社の関係のスポーツ大会があり、それに参加することになっていました。
急遽、参加予定の者がキャンセルになり、取りまとめが私の前任者だったため、断れずに(好きではないスポーツでしたが)参加することにしたのです。

そしてお決まりの飲み会(昼からですよ?)にもイヤイヤ参加。
当然のように「まぁ、飲めよ」も断りきれず、酔っぱらって夕方帰宅→そのまま寝る。

でしたが、妻は家の芝刈りをさせたかったようで、帰省中の次男とやっていました。

終了後、
夕食の支度を始めて、私が起きてきたので「どうして昼から飲んでるの?!」と

(ココがポイント)
換気扇を回しながらなので、私が「仕事なんだよ」と言ったのも聞こえず、不機嫌顔のまま「聞こえない」こっちも見ずに言うもんですから、つい「仕事なんだよ!!」と怒鳴ってしまいました。

すると
「怒鳴らないで!!!」
「お前が聞こえないって言うからだろ!!」
「お前なんて言われる筋合いなんかない!!!!」
「何だよ!!腹がたつ!!!」
「もうイヤだ!出てく!!!」

とまぁ、プチ家出になりました。
その晩は11時頃に戻って来ましたが、私を一切無視して別室で寝ました。

ここでセックスレスでなければ、穏やかな対応もできたかもしれませんし、酔っていなければ、あるいは妻がちゃんと私の予定を聞いていれば、こうはならなかったと思います。


翌朝、つい怒鳴った事は詫び、「今日のイベントは飲まない」旨を伝えました。

妻の反応は薄く、昨晩の事を根に持っているようです。

そのまま、寝室を分け、会話も少なく、冷戦状態でいました。

とは言え、やや会話は少ないものの、それほどでも無い認識でした。

2週間後、妻の実家の親、帰省中の子どもたちと焼肉をする事になり、火を起こしていると、「ビール飲まない方がいいよ」と。

春から血圧の薬を飲んでいることもあり、元々酒に弱いたちでもあるので、すぐに酔ってしまうのです。

でもさぁ、焼肉でビール飲まないって?
とも思いましたが、空きっ腹にビールだけは避けようかと、最初は自重していました。

その内に、まぁ胃の中に肉も入ったし、と缶ビールを2本飲みました。
妻の母にも勧められたし。

酔っぱらうほどでもなく、片付けは終了して、テレビを見ていましたが、やはり私はソファ寝落ちしてしまいました。

すると、再び妻が爆発しました。

「どうして、あなたは、そんな風に、いっつも、いっつも!!!!」

要するに、私は飲んで寝るのに、自分は家事をしなくてはならないのが、気に入らないのでしょう。

さすがに飲んでいるのでクルマで出かける事はしませんでしたが、別室で絶叫

「あーっ!!!氏ね氏ね氏ね氏ねーっ!!」
「どうして、いっつも私ばっかりーっ!!!」

私には返す言葉もなく、なすべき事も見つかりません。

ただ、怒りが収まるのを待つだけです。

幸い、妻は程なく(とは言っても数時間後)お風呂に入り、おかしな行動もなく布団に入りました。

私は「氏ね」と言われた事がショックでしたが、翌日は仕事でもあり、寝室で寝たのですが、とても悲しい気持ちになりました。

まぁ、妻は朝が弱く、予定のない日曜は午前中は何もしないので、私は一人で映画を見に行き、13:00頃に帰宅すると、普段は主に私が最後に入り行う風呂掃除をしておりますました。普段からちゃんと掃除しないから、という態度がありありで、不満そうにしていました。それも一因だったのでしょうか。


と言う訳で先週は、冷戦状態でした。

月曜は、妻は居間につながる和室で寝ていますが、起きて来ず。
私がそっと布団に入って、後ろから抱きしめても、拒絶せず。
朝から元気な部分からだけ、お尻をズラしてやんわりと拒絶。
私もそのまま布団からでて、朝食を作り、出かけました。

翌朝も布団に入って見ましたが、妻の暖かい身体を抱くと、何故だか涙が出てきました。

幼い頃の記憶、よく子どもの頃は朝方、両親の布団に入っていました。
けっして裕福で大きい家でもありませんでしたが、幸せだった頃の記憶が蘇ったのでしょうか。

妻には悟られないよう、そっと布団出ました。

それ以来は、相変わらずの冷戦状態が続き、会話もありきたりの状態で、特に話はしていません。

ただ、妻が最後に言った「4年後に下の子が卒業したら、考える」と言う言葉だけが重くのしかかっています。

と言うわけで、しばらくは冷戦状態が続いています。

過去のセックスレス期間は半年が最長でしたが、もう二度とないかも、と思うと悲しくなりますね。

私も妻に対して「許せない部分」があり、妻はそれ以上に「許せない」のでしょう。

このまま、家庭内別居が続き、そのまま離婚になる可能性もあり、非常に辛い状況です。

もう少し落ち着けば、また「妄想」もできるかもしれませんが、しばらくは休眠するとします。

今まで、お読みいただいたみなさん、ありがとうございました。



と言いつつ、すぐに戻るかもしれんけどね。(笑)
プロフィール

妄想エロ室長

Author:妄想エロ室長
会社でエロ妄想ばかりしているエロ係長です。
日々の妄想を綴っております。ここの文章は全て「妄想」と言うことでお願いします。
なお、まれにある私の夫婦性活も書きますが、こちらは期間を決めて、ブロともさんのみにしております。ご了承ください。ブロともさんはいつでも募集しています。自分のブログをしている方に限りますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

妻との日常(何気ない日々の出来事ですが....)

恋する熟女

やっぱり複数が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

ラブラブ熟年夫婦
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR